Blog

icocochi ブログ

2020.1.27

子供室だけ二階の「平屋に近い暮らし」はいかがでしょうか

皆様こんにちは。

前回のブログで平屋に見えるけれども実は二階建ての楽しい暮らしをご紹介しましたが、icocochiではまだまだありますのでご紹介します。

今日は、子供室のみ二階という「平屋に近い暮らし」のご紹介です。

こちらの住まいの考え方も多くの方にご支持をいただいています。

ワンフロアで動線を完結したい、将来、年を重ねた時二階にあがりたくないといった理由で平屋暮らしを希望するものの、一階だけでは全ての部屋を完結することが出来ないと嘆く方は、このような暮らしはいかがでしょうか。

平屋に近い暮らし

こちらが外観です。

一見、大開口の窓がある平屋に見えますが、奥に二階部分が見えます。

そうです、ほとんど平屋ですが一部分に二階の部屋を設けているのです。

ですから、平屋部分のリビングは天井も高くゆったりとした空間になっています。

上に部屋がない分、天井を高く取ることができるのは大きなメリットですね。しかもSE構法の柱も間仕切りの壁もないため抜け感を楽しんだり、窓の先の庭の景色を楽しんだりできます。

実はこちらのお住いはリビングの一部分が「ダウンフロア」になっています。

これは、ダウンフロアにすることで溜まりができ、家族が自然と集まってくるようにすることが一番の目的です。

忙しい共働きのご家族のため、お子様とのコミュニケーションのツールとしてダウンフロアを提案させていただきました。

この段差の部分をベンチに見立てて座ったり、一番低いところに寝転んだりして家族が集まれるようになっているのです。日本人の文化として畳の暮らしからも床座を好む方も多く、このように「床に座る」といった楽しみを暮らしの中に取り入れる方もいらっしゃるのです。

ほぼ平屋なので、キッチン・ダイニング・水回りも同じフロアになります。もちろん家事動線考えた無駄のない間取りになっていますし、クローゼットや寝室も全て一階にあります。

ですから、食事の支度をしながら洗面で洗濯し、お子様を学校に送り出して、その間に仕上がった洗濯物を干すといった洗濯動線も全てワンフロアです。

さらにこちらのお住いは、寝室がリビングに向かうドアと、クローゼットからキッチンに向かうドアの二方向に分かれていているので、その時に合わせて最適な動線が確保されます。

奥様は朝起きてクローゼットで身支度を整え、そのままキッチンに迎えるような仕組みです。

階段を上り下りする作業が軽減できるだけでなく、リビングを通らなくてもキッチンに向かえるので歩く歩数も軽減できるのです。

そして、リビングの階段を上がるとそこにはお子様用の部屋があります。

お子様は幼児期は親と一緒に寝ますし、大学などに進学すれば家を空けることも多くなります。

独立をすればほとんど実家に戻ることもなくなくり、子供室はやがて使われなくなってしまうことがほとんどです。

こちらのお住いの子供室はリビング側は腰壁になっています。ライフスタイルの変化に合わせて、腰壁にある引き戸を開閉して個室にするといった部屋の使い分けが出来るのです。

将来お子様が独立すれば予備室となるため、常に扉を開け放ち二階との繋がり感じるフリースペースになる予定です。

リビングの一角にはスタディスペースもあるので、お子様が自室にこもって学習しなくてもよいように工夫もされています。

ですから、いつでも家族の存在を確認できる安心感の中で、ここちよく暮らすことが出来るのです。

完全平屋ではありませんが、平屋と同じくらい心地よい暮らしができる、「子供室のみ二階にある平屋に近い暮らし」。

こんな楽しい暮らしを実現してみませんか?

icocochiでは皆様のライフスタイルに合わせた暮らしをご提案します。ぜひ高崎市浜尻町のモデルハウスにご来場下さい。

スタッフ一同お待ちしています。

ではまた・・・

by fujimura