Works

施工事例

大きな吹き抜けとスキップフロアのある家

閑静な住宅街の間口7.4mの敷地に建つ、大きな吹き抜けのある家。

周囲を既存の住宅に囲まれ、採光とプライバシーを確保することが設計課題のひとつでしたが、それを吹き抜けの高窓から光を落とし込み室内の奥まで光を通すことと、内装をホワイト系にして光を反射させることで空間全体を明るくして、問題をクリアしました。

ホワイトを基調とした室内は、木目、アイアンの階段、そして自然の美しい光が融合し、ここちよい空間を生み出しています。

開放感のある大きな吹き抜けのリビングは、躍動感あるアイアンの階段が目を引きます。吹き抜けとスケルトン階段にすることで見通しをよくし、空間全体に抜け感をつくって間口のコンパクトさを感じさせないようにしています。室内はスキップフロアの空間で構成されているため、美しい階段を眺めるとまるで3階建てのように感じられます。

限られたスペースを活かした工夫が随所に見られるのも、この大きな吹き抜けとスキップフロアのある家の特徴です。

階段下のライブラリースペースは、大好きな読書を楽しむお子様達のお気に入りの場所。床を一段下げることで一層隠れ家的な感覚を楽しみながら読書に熱中できます。完全に壁で囲わなくても床を下げて視線を落とすだけで、自分だけの空間を満喫できます。

また、ダイニングのベンチは座面を開ければ収納になっており、限られたスペースを余すことなく活用出来るようになっています。ご家族が愛用してきたダイニングテーブルとペンダント照明といった美しいインテリアがその横の切り取られた窓の開口によって、ひとつのアートとなり、一層美しさを引き立ててくれています。

キッチンは、シンクとコンロを分けた二の字型にすることで横移動の距離を軽減。回転移動が主の家事になっています。また、レンジフートを背面に持ってくることで空間全体をすっきり見せてつつ、シンクに立った時は家族の顔が見える配置になっています。キッチンは床が一段下がっているため、ソファに座る家族と目線を合わせやすくなっているのです。

さらに、スキップフロアを用いて寝室をつくり、縦に空間を広げてコンパクトな敷地面積をカバー。天井高を抑えた空間にある寝室は包まれているような落ち着き感があり、ゆっくりと一日の疲れをとってくれます。

間口や敷地のコンパクトさ、住宅街という敷地条件を考慮し、家全体をすっきりと見えるように限られた空間を上手く活用してここちよい暮らしを実現している住まいです。

 

 

完成年
2018年
所在地
高崎市
延床面積
100.26m2(30.4坪)
構造
SE構法
階数
2階
家族構成
夫婦+子供2人