Works

施工事例

SE構法で建てる店舗併用住宅

SE構法で手掛ける店舗併用住宅。

前橋市のはしづめ胃腸と内科のクリニックは大開口と吹き抜けで自然光をたくさん取り込み、明るくそして空間に広がりを持たせている待合スペースがあるのが印象的です。

大開口の窓から四季の変化、雲の流れや鳥の羽ばたきを身近に感じることができ、自然を身近で感じながらリラックスして待合室で過ごせます。

院内は日本人が古来馴染みの深い「木」を随所に使い、温もりのある優しい雰囲気にすることで患者様の不安を和らげ、リビングの延長のような空間を演出。医療器具で冷たい印象になりがちな空間を木質感のここちよさが包み込み、程よい安心感を与えます。

ホワイトをベースに木目調をプラスした外観は、シンプルな片流れ屋根が目を惹きます。

格子の支柱で奥行き感を出して建物に存在感を醸し出しています。

胃や大腸といった消化器を専門分野とし、内視鏡から内科全般まで幅広く対応するクリニックとして、地域に根付いた医療を担う場所となっています。

完成年
2019.11年
所在地
前橋市
建築面積
375.00m2(113.6坪)
延床面積
223.54m2(67.7坪)
構造
SE構法
階数
2階
家族構成
(店舗併用住宅)