Works

施工事例

大開口を愉しむコートハウス

住宅街に建つ、まるで美術館のような美しい佇まい。

建物の廻りを壁で囲いコートハウスにすることで、往来する人の視線を遮りつつ、大開口の開放感を存分に楽しむことができます。

タイルで統一されたリビングとテラスは室内と外部がひとつにつながり、アウトドアリビングの美しい世界を生み出しています。

窓を開け放ちリビングから庭を望むと、外光に導かれるように視線が外に抜け、空間を一層広く感じさせてくれるのです。

吹き抜けをつくり出す壁のライン、上下に連なる大開口の窓、リビングからダイニングに一直線に続くテレビボードを兼ねた造作家具など、空間に寄り添う縦と横のラインからつくられた室内は、まさに、構造から生まれたデザイン美です。

また、美術館のような外観に合わせた軒は、夏の日差しをカットしてくれるだけでなく、雨の日でも天候を気にせずテラスで寛ぐこともできるのです。

上質な空間を彩る大開口の窓。開く窓であり、眺めを楽しむ窓であり、そして通りぬける窓。この窓の存在が暮らしを豊かにしてくれます。

大開口の窓でもUA値0.43の性能値・許容応力度計算による耐震等級3の耐震性となっており、数値によっても裏付けられた心地よい住まいです。

 

  • UA値 : 0.43
  • 耐震等級 3(許容応力度計算による)
完成年
2022年
所在地
群馬県
延床面積
160m2(48坪)
構造
SE構法
階数
2階
家族構成
ご夫婦