Works

施工事例

至福のひと時を愉しむ大空間の家

リビングに入ると目に飛び込んでくるのは、360度パノラマを楽しめる大開口と吹抜けが広がる大空間。

木造とは思えないSE構法のダイナミックな吹き抜けを堪能しながら、時間を忘れるくらいゆったりとした至福のひと時を過ごすことが出来ます。

間仕切りや行き止まりのない回遊型の暮らしは、視界を遮るものがないため空間を広く感じさせる効果があり、一階が回遊動線、二階も吹き抜けのオープン空間で構成することで、その効果を存分に感じることが出来ます。

リビングの大開口の窓の先には、タイルデッキと芝の空間が広がり、家族の一員として暮らすペットと一緒に伸び伸びと庭を駆け回ることが出来ます。庭を囲って視線をコントロールすることで、周囲と視線を交わすことなく庭で寛ぐことが出来るのです。

リビングとデッキの床は同系のタイルで統一されているため、窓を大きく開け放てば、より空間に広がりが生まれ室内と屋外の連続性を楽しめます。

リビングの一角の円形のテーブルは家族が共有するスタディスペースとなり、どこに座っても座る家族の顔が見られるため、自然と視線が交わり会話も弾み家族に笑顔がうまれるようになっています。

また、来客を招き入れる玄関はモダンなタイルであしらわれ、吹き抜けの高窓や中庭から木漏れ陽が光の筋を落としてくれます。

二階の趣味のスペースはオープン空間となっており、ライフスタイルの変化による可変性を意識した暮らしにすることで、将来的に柔軟に空間変化を楽しむことが出来ます。

大空間で至福のひと時を愉しみながら家族の存在をいつでも感じていられる住まいです。

完成年
2020年
所在地
東毛地区
構造
SE構法
階数
2階
家族構成
夫婦+子供+ペット