Works

施工事例

ウッドデッキの家

緑地帯の目の前にある高台が建設地だったため、この美しい緑地を望める方角に大きく開き、絶景を暮らしに溶け込ませる住まいを提案しました。

室内に入ると飛び込んでくるのは、大開口の窓の向こうの美しい風景と、室内と一体化した大きなウッドデッキ。

外から室内に入り外部の光から遠ざかったところへ、リビング・ダイニング・キッチン越しに緑の風景が映し出されて視界が広がり、一気に高揚感が増します。

キッチンに立つと大きく張り出されたウッドデッキが目の前に広がります。室内の床とほとんど同じ高さのデッキは室内の延長線に見え、空間に奥行きをもたらすので実際よりも空間全体を広く見せてくれるのです。

ウッドデッキでは四季折々に表情を変える木々を身近で感じたり、木漏れ日の陰影を楽しんだりでき、まるで林の中にいるような爽快感を受けます。

この眺めは一階だけでは終わりません。スキップフロアのフリースペースのチェアに腰掛け、吹き抜けの高窓からも風景を楽しむことが出来るのです。

緑地・大開口・ウッドデッキは、この住まいの演出の重要ポイントとなり、どこにいても緑地帯を借景とした五感で愉しめる住まいです。

完成年
2021年
所在地
高崎市
延床面積
128.43m2(38.9坪)
構造
SE構法
階数
2階
家族構成
夫婦+子供1人