Vol.1 初めてでも理想の家

30代の家づくり

 只木さんはご夫妻、長男、次男の四人家族。長男の小学校入学を機に家づくりを考え、展示場で十社ほどの家を見学した後、icocochiのモデルハウスへおいでになりました。
 icocochiに一歩足を踏み入れた途端、かなりの衝撃を受けたそうです。「いろいろ見ましたが正直言ってどこも似たり寄ったり。『ここだ!』と、運命的なものを感じました。しかもドアを開けた瞬間」と笑う。

 ご実家の建て替えや接骨院開院で建築を経験されていたお二人は、icocochiの仕上がりに「細かいところまで手を抜かずきちっと仕上げられているのを見て、この会社なら任せられると考えた」と。
 「今どきの住宅は耐震性や気密・断熱性はしっかりしているので構造はさほど重視しなかった」という祐太さんですが、icocochiのSE構法を知ると「おまけが付いてきた」と思ったそうです。実はこのSE構法がお二人の理想の家づくりを実現させる重要なファクターとは知らずに。
 実際に家づくりの打ち合わせを始めた時、希望の住まいについて聞かれるものと思っていたお二人は、営業の坂本さん、設計の佐藤さんの「今の暮らしで不便に感じていることを教えてください」という質問に驚いたといいます。びっくりしたものの「収納が少ない」「部屋が片付かない」「結露する」「家族がゆったりと集まれる場所がない」など問題点を次々挙げました。
 質問はさらに具体的になり、「洋服はたたんでしまうものと掛けてしまうもの、どちらが多いか」「掃除機の大きさは」「リビングでよく使うものは何」と続いたそうです。

 このヒヤリングを経てでき上がった設計図を見て、お二人はさらに驚く事に。
 「提示されたプランは、ぼくたちの予想を超えていました。全く直すところがなかったんです」と振り返られました。
 ヒヤリングから11カ月、「只木ファミリー仕様」のお住まいが完成しました。「初めての家づくりで100パーセント夢が叶いました。本当に、理想の住まいです」と祐太さん。
 リビングからダイニングにつながる広い空間とL字型の大きな開口はSE構法ならでは。在来工法では困難だった大空間・大開口を可能にしています。
 お客さまが途切れることなく訪れ、いつでも活気溢れるシエルですが、リーマンショックの後、客足が減った時期があったそうです。それでも、具材を減らしたり、素材の質を落としたりすることなく、「どんなときも誠実に」というポリシーを貫き通しているうちに、再び活気とにぎわいが戻ってきました。

 お二人が最もこだわったのは段差を付けたリビング。段差部分はベンチのようにも使えます。「人は下がった所に集まりたくなるんです」と祐太さん。家族四人でゆったり集まれるスペースができました。  絵理さんがこだわったのは収納。「どの収納も何を入れるか具体的に考えてくれて。特にクローゼットは主人のスペースは主人の身長に、私のは私の身長に合わせてバーの高さを決めてくれました。本当に何もかもが私たちだけの仕様になっているんです」とうれしそう。
 祐太さんがリビングの次にこだわったというダイニングの天井は「全部白よりポイントになると思ったんです。モデルハウスで見て気に入っていたし」と言いながら、ダイニングに案内してくれました。  完成から六カ月間、只木邸はオープンハウスとして多くの見学者を集めました。そしていよいよ、11月末、新しい暮らしを始められます。

ただき接骨院

 当院は、さまざまな痛みの根源となる関節包内運動の異常を整えるAKAという治療法を用いた施術をいたします。AKAは関節の奥深くを整える手技で、痛みがあるにも関わらずレントゲンを撮っても「異常がない」といわれるような原因不明の症状の方におすすめです。
 当院の患者様は二十歳代〜六十歳前後の働いている方が多く、職種からくるからだの痛み、交通事故による不調など幅広く対応しております。また、出産後の骨盤のゆがみ、子育て中の肩こりや不調解消など、子育て中のママさんのご利用も多いことから、待合室にキッズスペースを用意いたしました。  悩んでいる痛みをお持ちなら、私たちが二人三脚で悩み解決のお手伝いをいたしますので、あきらめないでください。
所在地/高崎市井野町535-3 TEl 027-381-8586
ホームページはこちら