Blog

icocochi ブログ

2020.3.15

春の訪れを感じる地鎮祭

皆様こんにちは。只今icocochiは外構工事を行っている最中です・・・工事中ですが、モデルハウス見学は可能です。

段々と看板のようなものが出来上がってきました!よく見ると木目のような柄になっています。

こちらは浮造り加工(木目を浮き上がらせるようにした加工)の杉板で枠をつくり、コンクリートで流し固めたものです。このようにすることでコンクリートでも柔らかい表情になりますね。

どんな外観に仕上がるかお楽しみに・・・

先日、お客様邸の地鎮祭が執り行われました。

暖かい陽気で、まさに地鎮祭を行うのにぴったりなお天気でした。現場に咲いている大根花などの草花を見て春の訪れを感じました。大根花とは下の写真のような薄紫色の可愛らしいお花です。

竹や祭壇を設置していると、これから何が始まるのか興味津々の様子だったお子様。その元気いっぱいな姿にスタッフもエネルギーを分けてもらうことが出来ました。

祭壇の設置が終わると式が始まります。地元の神社の神主さんが祝詞を奏上し、粛々と進められていきます。

神主さんが撒いているのは「切麻(きりぬさ)」という紙や麻を細かく切って米と混ぜたものです。昔、紙や麻は大変貴重なものだったのでお供え物としても使われていて、それがお祓いにも使用されるようになったんだとか・・・紙吹雪のようで綺麗ですね。

式の最後にお施主様から工事の安全を願うお言葉を賜りました。icocochiでは地震大国の日本だからこそ、「我が家が一番安全な場所であって欲しい」という想いのもとにSE構法を採用しています。「安全な我家」を提供するためには工事も安全なものでなければなりません。お施主様の言葉を受けて改めてそう感じました。

お施主様のお母様からは特製のお漬物をご馳走になりました。肝心の写真を撮り忘れてしまいましたがショウガが効いたキュウリのお漬物、とても美味しかったです!お茶やお菓子などもいただき、ありがとうございます。

地鎮祭も滞りなく完了し、いよいよ着工です。

新型肺炎の影響で自粛ムードが漂う今だからこそ、icocochiは自分達にできることに精一杯注力していきたいと思います。完成までの間、しっかりと工事を進めて参りますので、どうぞよろしくお願いします。

by Takagi