Blog

icocochi ブログ

2022.2.12

いここちの家は地震保険が割引率50%とお得

皆様こんにちは。

今日は地震保険の話です。

いここちは、木造ラーメン構造のSE構法で、「耐震等級3」をクリアした耐震性の高い住宅を提供しています。

ちなみにSE構法とは

S=セーフティ(安全で)

E=エンジニアリング(工学的な)

安全で工学的な工法の略からSE構法となっています。全棟でお客様の住まいごとにオーダーで構造計算をかけて、高い耐震性を数値化して安全性を証明しています。

耐震等級3でかつ、開放的な自由度の高い間取りを実現することを家づくりの特徴としています。

地震大国日本には高い耐震性は欠かせません。

大きな地震が来た時に家が倒壊して人が犠牲になるのではなく、しっかりと家族の命と財産を守る建物を提供すること、それが我々の使命です。

実は、地震保険には耐震等級割引があり、耐震等級によって割引率が大きく変わります。ご存じでしたか?

耐震等級3・・・50%

耐震等級2・・・30%

耐震等級1・・・10%

家族の命と財産を守る家にしておけば、地震保険もぐっとお得になります。

地震による損害は火災保険では補償されないため、地震が多い日本では、地震保険は必要な保険になっているのです。

ちなみに耐震等級3は、災害時の救護活動の拠点となる消防署や警察署など建物の基準になる強さです。

そんなに強い構造なら地震保険に入らなくてもいいのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、地震保険に加入しないと、地震や噴火による津波の損壊・埋没・流失による損害や、地震によって起こる火災損害なども補償の対象外となってしまうのです。

さらに、どんなに自分の家の耐震性が高くても、隣地による倒壊が原因の被害を受けたり地震によって隣地から出火した際の被害を受けては何の意味もありません。

火災による損害でも、その火災が地震によって起きた場合は、火災保険では補償されず地震保険が必要となるのです。火災保険には地震火災費用保険金というものがありますが、保険金を受け取れるのは建物が半焼以上になった時で、金額も保険金額の5%という金額なのです。

地震保険や火災保険は一度かけて終了ではありません。長期的に掛けることが大半です。

長期的に掛け続ければ、この割引率50%という数が大きな軽減になるものとお分かりいただけると思います。

家づくりは目先だけでなく、生涯コストとして考えることが大切です。

永く住み続けるマイホームだからこそ、お得に賢く暮らしたいですね。

では、最後に一般的な木造工法といここちのSE構法の比較を動画をご覧ください。

同じ間取りでも、柱の数や開口部の大きさ、強さの耐え方などが大きく異なることがお判りいただけると思います。

それではまた・・・

by fujimura